アプローチ上達! ピッチエンドランの打ち方とは?

ゴルフスイングの基本と練習法

アプローチの中でも汎用性が高く、使いやすい打ち方がピッチエンドランです。このピッチエンドランさえ覚えてとけば、とりあえずどんな場面からのアプローチでもピンを狙っていけるようになるでしょう。

ボールを浮かせてから転がしていくアプローチなので、ピッチショットやチップショットではリスクが大きくなるときに重宝します。ピッチエンドランを上手くラウンドで使っていきましょう。

ピッチエンドランとはキャリーもランも出るアプローチ!

ピッチエンドランとは、キャリーも出てランも出るというアプローチです。ピッチショットほど高く上がらず、チップショットほど転がらないという特徴があります。

ピッチショットとチップショットの中間の弾道のため、アプローチでは本当に色々な場面で活躍してくれるのがこちらのピッチエンドランです。

ピッチエンドランのメリットとデメリットとは?

ピッチエンドランのメリットとデメリットを見てみましょう。

ピッチエンドランのメリットは、とにかくどんなシチュエーションでも使える懐の深さでしょう。

障害物を超えるのも簡単にできますし、ピンまでボールを転がしていくのも得意。弱点らしい弱点がないのがピッチエンドランの良いところです。

ただボールが落ちてからランが出ますので、グリーンに落とした後のランがどちらに出るのかは打つ前に見極めましょう。傾斜などを考慮して、次のパットが有利になるように落としどころを決める必要があります。

ピッチエンドランが活きる状況とは?

ピッチエンドランはキャリーもランも両方が出る打ち方なので、どんな場面にも対応できるのが強みです。

ただアプローチが打てる場面では、おそらく2択になるでしょう。

例えばバンカーを越えなければならない場合は、ピッチショットかピッチエンドラン。花道が続いている場合はチップショットかピッチエンドラン。などです。

状況を見極めて、どのアプローチがピンまで寄せやすいのか、また失敗してもケガが少ない方はどちらか、などを考えてアプローチを選択できるようになるといいですね。

ピッチエンドランの打ち方のコツと練習方法!

ピッチエンドランの打ち方を見ていきましょう。

まずピッチエンドランを打つとき、ボールは中央からほんの少し左足寄りに置きます。そしてややオープンに構えたら、左足体重に構えましょう。アプローチは短い距離を打つための技術ですから、体重移動はさせずに打ちます。

腕や手首はある程度固定して、体の動きでボールを横から打ちたい方向に押し出してあげるイメージで打ってみてください。無理に打ち込もうとしなくても、ロフトなりにボールは浮いてくれます。

アプローチの基本! ピッチエンドランで目指せ寄せワン!

あらゆる場面で使いやすいピッチエンドランは、アプローチの中でも必須の技術と言えるでしょう。

振り幅や選ぶクラブのロフトによって、キャリーとランの割合を変化させられます。さまざまな距離にも対応ができるのが、ピッチエンドランのアプローチなのです。ピッチエンドランを極めて寄せワンを量産しちゃいましょう。
参考記事アプローチの種類とは? 3種類を解説!

とや

こんにちは、ライターのとやです。ゴルフに関するお役立ち情報やギア、コーデに至るまで幅広く発信していきます。初心者向けのことから、ちょっとコアな話まで、「読ん...

プロフィール

関連記事一覧