ゴルフの打ちっ放し練習場へ行く前に知っておきたいこと

ゴルフの打ちっ放し練習場へ行く前に知っておきたいこと
ゴルフスイングの基本と練習法

ゴルフのクラブを購入したら、いよいよゴルフの打ちっ放し練習場デビューが待っていますね。しかし「なんとなく知らない場所だし行きにくい」と感じている初心者ゴルファーの皆さんも多いでしょう。

そんなゴルフ初心者のあなたに、打ちっ放し練習場へは「これだけ抑えておけば大丈夫」というポイントをお伝えしたいと思います。

ゴルフの打ちっ放し練習場の服装と持ち物は?

ゴルフと言えば初心者泣かせなのがドレスコードでしょう。

しかしゴルフの打ちっ放し練習場にはドレスコードはありません。ゴルフ場ではNGと言われているジーンズやジャージ、襟無しのシャツでもなんら問題はありません。打ちっ放し練習場は動きやすい服装であれば大丈夫なんです。

夏ではサンダルで打っている猛者もいます。ただこれは足元のグリップを確保できないのでお勧めできませんが、ルール上はサンダルだってOKです。

持ち物についてはゴルフクラブとグローブだけ持っていけば大丈夫です。

キャディバッグごと持っていく人もいれば、クラブケースに数本だけ練習したいクラブを入れて打ちっ放し練習場にいく人も見かけます。

ゴルフの打ちっ放し練習場のボールの買い方

打ちっ放し練習場ではボールの買い方がそれぞれ違います。ゴルフ経験者でも初めて行く練習場では迷う場合もあります。何も恥ずかしいことではありませんので、受付で確認してみましょう。

”1球打ち”と呼ばれる従量料金制

1球に数円から数十円程度の料金が加算されていくシステムです。

自動販売機のようなところでコインを入れてボールを購入する場所もあれば、カードにお金をチャージして、カードから利用料金が差し引かれていく場所などがあります。

距離感の出しにくい2階、3階の打席では料金が安めに設定されているところもあり、打ちっ放し練習場によってシステムが異なります。

”時間打ち”の定額料金制

1時間打ち放題、など時間で定額料金が設定されていくシステムです。

どれだけ打っても料金が変わらないため、たくさんボールを打ち込める人気のシステムです。

値段が変動するので注意

多くの練習場が平日は安め、休日は高めの値段設定になっていますので注意しましょう。また時間帯によっても変わるところも多く、日中は安めで夜間は高めとなっている場合ば多く見られます。

あとはボールを打つだけ! 色々なクラブを練習しよう

ゴルフの打ちっ放し練習場へ行く前に知っておきたいこと

所定のお金を支払えば後はボールを打つだけです。「打ちっ放し」というくらいですから、もちろん打ったボールは回収する必要はありません。好きなだけ、好きなクラブを思う存分練習してみましょう。

少しずつ慣れてくると、たまにボールがちゃんと打てる瞬間があります。そのときはボールがものすごく飛んでいきますし、打ったときの感触が気持ちいいんです。この感触が忘れられなくてもっと上手に、もっとたくさん打てるようになりたくなるのがゴルフの魅力です。

「ゴルフって楽しい!」と感じてくれば、練習場へ足を運ぶ機会も増えてくるでしょう。

誰もが初めて行く場所って不安を感じるものですが、ゴルフの打ちっ放し練習場は怖いところではありません。ホームの打ちっ放し練習場を見つけて、楽しいゴルフライフをスタートさせてみてください。

とや

こんにちは、ライターのとやです。ゴルフに関するお役立ち情報やギア、コーデに至るまで幅広く発信していきます。初心者向けのことから、ちょっとコアな話まで、「読ん...

プロフィール

関連記事一覧