アプローチ上達! ピッチショットの打ち方とは?

ゴルフスイングの基本と練習法

アプローチを上達させるためには、自分のアプローチの引き出しを増やしておくのがポイントです。そこで今回は、さまざまな場面で使える高く上げてランをあまり出さない打ち方である「ピッチショット」の打ち方について見ていきたいと思います。

ピッチショットの使いやすい場面や、練習方法などを紹介します。

ピッチショットとはボールを高く上げるアプローチ!

ピッチショットとは、ボールを高く上げるアプローチを言います。

ボールを高く上げる分だけ、キャリーは増えますがランはほとんど出ないのがピッチショットの特徴です。

ピッチショットのメリットとデメリットとは?

ピッチショットのメリットは、やはりボールが高く上げられることでしょう。空中ならば地形の変化を気にしないで済みますし、ランもあまり出ないので、ボールを落とすところを決めやすくなります。

ピッチショットにはデメリットもあって、ボールを高く打ち上げたいのでクラブが下からあおるような打ち方になりやすいところです。これはミスするとトップやダフりになってしまいます。ダフりでは全然進みませんし、トップではグリーンを超えて反対側にこぼれてしまう可能性もあります。

ミスショットをしたときの代償がアプローチの中では大きいのが、ピッチショットのデメリットでしょう。

ピッチショットが活きる状況とは?

ピッチショットはキャリーが出て、ランが出ないという特性を活かして、次のような場面で活躍します。

・バンカーを超えたらすぐにピンがある
・エッジからピンまでの距離が近い
・グリーンが下り傾斜で転がしにくい
・砲台グリーンになっている
・高くなっている地形を越えなければならない

このようなケースです。

ランが出ると転がりすぎてしまうような状況や、地形の関係上ボールを浮かせた方が都合がいいときなどがピッチショットが活きてくる場面ですね。

ピッチショットの打ち方のコツと練習方法!

ピッチショットの打ち方を見ていきましょう。

まずピッチショットを打つときのボールの位置は、体の真ん中に置くようにしましょう。次に左足をボール1個分くらい後ろに引いて、オープンに構えます。ボールを落としたい方向にフェースを向けたら、あとはスタンスなりに振っていきましょう。

ピッチショットを打つためには、体重を移動させず、フェースにボールを乗せるようなイメージで繰り返し打ち込んでみてください。

ピッチショットでピンをデッドに狙っていこう

ボールを高く上げて落とすアプローチであるピッチショット。ラウンド中に有効に使えるようになると、ピンをデッドに狙っていくアプローチができるようになります。

ピッチショットに自信が持てれば池越えやバンカー越えのアプローチも、難なくこなせるようになってくるでしょう。

参考記事アプローチの種類とは? 3種類を解説!

とや

こんにちは、ライターのとやです。ゴルフに関するお役立ち情報やギア、コーデに至るまで幅広く発信していきます。初心者向けのことから、ちょっとコアな話まで、「読ん...

プロフィール

関連記事一覧