アプローチ上達! チップショットの打ち方とは?

ゴルフスイングの基本と練習法

転がしアプローチ、とも言われるチップショット。

アプローチでは転がしてボールをピンに寄せていくのが、最善の策とも言われています。ゴルフはさまざまな手段の中から、最も確率が高いショットを選択するのがスコアメイクに直結してきます。

そこでアプローチの中でも、成功率の高いチップショットについて見てみましょう。チップショットはどんな場面で活きてくるのか、またその練習方法などもチェックしていきましょう。

チップショットとはボールを転がすアプローチ!

チップショットとは、ボールを転がすアプローチを言います。

ボールを転がしてピンを狙っていくアプローチなので、パターと同じような感覚でアプローチができるのが特徴です。チップショットの弾道はボールが低く飛び出して、たくさんのランが出ます。ランニングアプローチとも言われています。

チップショットのメリットとデメリットとは?

チップショットのメリットは、ボールを低く出して転がしていく打ち方のため、大きなミスが出にくいのがメリットです。

またクラブもロフトが多少立ったクラブを使っていき、パターのように打つのが基本となります。そのため距離感が掴みやすいので、ピンまで寄せやすいのがポイント。

またグリーンのカラー付近から狙うような場合では、カラーの芝の影響をあまり受けずグリーンに乗せて転がしていけます。

簡単で寄せやすいというチップショットですが、デメリットはピンとの間に障害物があると使えなくなってしまう点でしょう。ボールを転がしていくため、バンカーや池があれば越えられませんし、グリーンが砲台になっていても斜面にワンクッションさせなければならないので距離感が掴みにくくなります。

大きなミスは出にくいけれど、使い道が限られる。そんなアプローチがチップショットの特徴です。

チップショットが活きる状況とは?

チップショットはキャリーが出て、ランが出ないという特性を活かして、次のような場面で活躍します。

ピッチショットはキャリーがあまり出ず、ランで転がして寄せていくという特徴があります。チップショットが活かしやすい場面とは……

・ピンまでの間に障害物が何もない
・打ち出しで芝の影響を受けず、転がしていきたい
・アプローチでリスクは取りたくない
・グリーンが受けており、パターのように転がして狙っていきたい

こうした状況がチップショットを使いやすい場面でしょう。

パターのように打てることから、ミスが少ないチップショット。チップショットが打てる場面ならば、アプローチではチップショットを選択した方がスコアはまとまってくるでしょう。

チップショットの打ち方のコツと練習方法!

チップショットの打ち方を見ていきましょう。

まずチップショットを打つときのボールの位置は、体の真ん中かわずかに左に置きましょう。使うクラブはピッチングウェッジや50度、52度あたりが使いやすいクラブです。

クラブを短く持ったら、あとはパターのように振っていくのがチップショットのコツです。このとき、重心は動かさず、手首もしっかり固めて肩の回転で打っていくようにしてください。

チップショットの練習イメージも、後ろに引いてまっすぐ前に出す、というパターと同じような意識で打つといいでしょう。

確率の高いチップショットをマスターしよう

ボールをパターのように転がして狙っていくチップショットは、大きなミスが出にくくアプローチを安定させられる打ち方です。

芝などの影響を受けやすくはなりますが、チップショットで狙える場面ならば、積極的に使っていきたいアプローチの方法ですね。アプローチの打ち方の中でも、随一の安定感。チップショットをぜひマスターしてみてください。
参考記事アプローチの種類とは? 3種類を解説!

とや

こんにちは、ライターのとやです。ゴルフに関するお役立ち情報やギア、コーデに至るまで幅広く発信していきます。初心者向けのことから、ちょっとコアな話まで、「読ん...

プロフィール

関連記事一覧