ゴルフ場ってスニーカーでも大丈夫?

ゴルフの服装

ゴルフを始めたばかりの人や、ゴルフラウンド初体験の人って、「ゴルフを続けるか分からないのに、ゴルフシューズを買うのはなんだかもったいない気がする」と感じている方も多いんじゃないでしょうか。

そこでゴルフシューズではなく、代替案として浮上してくるのが「スニーカーじゃダメなの?」と言う疑問です。

さて、実際のところゴルフ場ってスニーカーじゃダメなんでしょうか?

厳密に言えばゴルフ場にスニーカーはダメ

ゴルフ場によくあるドレスコードの注意事項のチラシを見ると、「スニーカー禁止」とはっきりと書かれているところが多いですよね。だからスニーカーはNGです。

でもスニーカーって結局なんだろう?ってことになると、

ゴム素材の靴底を使った、布製または皮革製の運動靴の総称

という定義らしく、だったらゴルフシューズも一緒じゃん?って話になってしまいます。だからこそクラブハウスでは、ゴルフシューズの来場は認められていないのでしょうね。

スニーカータイプのゴルフシューズもある

ここでゴルフシューズですが、スニーカーっぽいゴルフシューズも販売されてきています。

旗から見ても「ゴルフシューズ?スニーカー?」と悩んでしまうアイテムがたくさん。スポーティな見た目もあって、最近ものすごく人気なんですよね。

ゴルフ場ってスニーカーじゃダメ? クラブハウス編

まずクラブハウスでは、スニーカー禁止と明記されていますし、さらにはゴルフシューズでの来場もNG。そのためクラブハウスにスニーカーでくるのはやめましょう。

運動靴でないもの、でなければいけないのでローファーなどの革靴がやはり鉄板です。

もう少しカジュアルに、という方はモカシンやデザートブーツ、ワラビー、チャッカブーツなどがおすすめですよ。

ゴルフ場ってスニーカーじゃダメ? ラウンド編

ゴルフラウンドでスニーカーはどうなんでしょうか?

実際のところ、スニーカーっぽい見た目のゴルフシューズと見分けは付きません。まずはスニーカーが一般的にNGとされる理由を見ていきましょう。

  • スニーカーに雑菌が付着しており、芝を痛める恐れがある
  • グリップが効かず滑るから危険
  • ルールでスニーカーはダメって書いてある

この3点でしょう。

まずスニーカーに雑菌が付着しており、芝を痛める可能性について。プレーヤーについてそう言われているのかもしれませんが、実際はコース管理の方や業者さんなども普通にスニーカーで作業をしています。そのためちょっとこの意見には疑問符がつきますね。

続いてグリップが効かず滑る可能性について。これは間違いなくその通りです。ただし急斜面や滑りやすいところからそのまま打つ場合には、スパイクレスだってかなり滑ります。それにエンジョイゴルファーだと、打ちやすいところまでボールを出して打つ、なんてケースもよく見られますよね。ゴルフシューズの購入を迷っているレベルのゴルファーならなおさらです。

最後にルールでのスニーカー禁止について。これまでかなりの数ラウンドをしてきましたが、スニーカータイプのゴルフシューズを確認された、という話を聞いたこともありません。ゴルフ場としては「黙認」という立場が多いようです。ルールで書いてあるけど黙認されているところも多い、というスニーカーについて、どう感じるかはそれぞれに委ねられるところでもあるでしょう。

これらを考えると、見た目がランニングシューズのようなものではないスニーカーなら「注意を受けることはない」と言えるでしょう。例えばアディダスのスタンスミスや

ナイキのエアフォースLOW

こうしたアイテムならばあえて確認されない可能性が高いでしょう。

「本当はダメなんだけど」という微妙な立ち位置。あからさまに分かるものについては、ゴルフ場スタッフからも、そのゴルフ場のメンバーさんからも注意を受けてしまいます。

ルールなんだから守らなきゃダメだろ! というご意見もあれば、そこまで言わなくても・・・というご意見もあるのが現状です。スニーカーについては自己責任になってしまいます。当サイトとしては「絶対大丈夫!」とは言い切れないところではありますが、参考にしてみてください。

とや

こんにちは、ライターのとやです。ゴルフに関するお役立ち情報やギア、コーデに至るまで幅広く発信していきます。初心者向けのことから、ちょっとコアな話まで、「読ん...

プロフィール

関連記事一覧