ゴルフの帽子に関するマナーをチェックしよう!

ゴルフの帽子に関するマナーをチェックしよう!
ゴルフの服装

「ゴルフの帽子には何か決まりがあるの?」こんな疑問をお持ちの方はいませんか?

ゴルフ場では帽子に関する様々なマナーが存在しますので、初めてゴルフ場へ行ったときに注意されないようにチェックしておきましょう。

ゴルフプレー中は帽子着用がマナー

ゴルフプレー中は帽子の着用がマナーとされています。帽子の着用を義務付けているところもあれば、帽子についてルールが定められていないゴルフ場もあります。ただボールの打球事故や日差しから目を守る目的など、帽子には一定の効果が見込まれます。

そのためゴルフプレー中には帽子を着用するように心がけておきましょう。帽子は未着用で怒られることはあっても、帽子を着用して注意を受けることはありませんからね。

クラブハウスやレストランでは脱帽が基本

クラブハウスやレストランなどの室内では脱帽するようにしましょう。

クラブハウスからの入退場時はバッグに入れて、またレストランへ立ち入るときは多くのゴルフ場でポールハンガーと呼ばれるものが設置されていますのでこちらを利用しましょう。

屋外は着帽、室内では脱帽、とごく一般的なマナーを守れば帽子に関するマナーで心配することはないでしょう。

帽子の形はなんでも大丈夫! 好きな帽子を選ぼう

周りのゴルフプレイヤーを見てみると、キャップを被っているゴルファーが多いと気付くでしょう。

しかしキャップでなければいけないわけではなく、ルール上では特に明記されていません。そのため帽子の形についてはどんなものでも大丈夫。

キャップの他にサンバイザーも人気が高いですね。

またハットやテンガロンハット、ハンチングなどの帽子もゴルフに使用できます。冬にはよくニット帽も選ばれています。

ゴルフは紳士淑女のスポーツだ、とも言われていますので、ある程度周りとの調和が取れて、奇抜すぎないものでなければ帽子の種類についてはさほど気にしなくても大丈夫でしょう。

帽子は被るのがマナー だったらオシャレに楽しんじゃおう

ケガの予防や日差しから目を守るため、場所によってはドレスコードとして決められている帽子の着用。一般的に考えても着帽はマナーと心得ておきましょう。

どうせ帽子をかぶらなければならないのならば、帽子をオシャレに楽しんでしまいましょう。

一般的なキャップやサンバイザーでも良し、個性を出すためにハットでも大丈夫。ゴルフウェアと帽子は抜群の相性なので、自分だけの個性をアピールしても楽しいかもしれませんね。

とや

こんにちは、ライターのとやです。ゴルフに関するお役立ち情報やギア、コーデに至るまで幅広く発信していきます。初心者向けのことから、ちょっとコアな話まで、「読ん...

プロフィール

関連記事一覧