ゴルフ場のドレスコードをチェック!:クラブハウス【男性編】

ゴルフの服装

ゴルフ場のドレスコードって結構難しい・・・そんな風に思っているゴルフ初心者の方も多いでしょう。

通い慣れてしまえばそこまで気にすることもないのですが、なかなか慣れてくるまでは心配になったりもしますよね。

ここでは男性のクラブハウス入場時のドレスコードについて見ていきたいと思います。

クラブハウスのドレスコード:ゴルフプレーの服装は望ましくない

このところメンバーでなければラウンドができないような名門と呼ばれるゴルフ場も少なくなり、以前ほどドレスコードについてうるさく言われなくなってきています。

しかしゴルフをプレーするときの服装でクラブハウスへ入場するのは本来は望ましくありません。

これも許されているゴルフ場もあるのですが、禁止されているゴルフ場もあります。

そのためドレスコードについて厳しいところでも大丈夫なように、ゴルフをプレーする服装は避けるようにしたいものです。

クラブハウスのドレスコード:ジャケット+ロングパンツで!

ゴルフ場のドレスコードをチェック!:クラブハウス【男性編】

クラブハウスのドレスコードベストなのはジャケット+ロングパンツです。

いわゆる「ジャケパン」というスタイルですね。

男性ならばクラブハウス入場時の服装は、全てこのジャケパンスタイルで大丈夫です。(デニムやジャージは禁止です。)

※参考記事 ゴルフでやってはいけないマナー違反:服装編

真夏ではジャケットを脱いで、手に持って入場するケースもあります。もしジャケットを脱ぐならジャケットの下はシャツやポロシャツで、脱がなければTシャツでもOKです。

クラブハウスのドレスコード:足元はセミフォーマルなシューズを

服装だけでなくシューズについても気を付けたいのがクラブハウスのドレスコードです。

カジュアルなシューズは避けて、チャッカブーツやローファーなどのセミフォーマルな装いにも使えるシューズをチョイスしましょう。

中にはゴルフ用のスパイクレスやソフトスパイクを履いて、クラブハウスに来場する方もいらっしゃいます。しかしゴルフシューズで直接来場するのは禁止されていますのでやめておきましょう。

ドレスコードの問題だけでなく、外からゴルフ場の芝の病原菌を持ち込んでしまう可能性も指摘されています。

クラブハウスのドレスコードはゴルフ場によって微妙に変わる

クラブハウスのドレスコードは「Aゴルフ場ではOKだったのに、Bゴルフ場ではNGだった」というケースもあります。

それはドレスコードについて規則が緩いゴルフ場もあれば、厳しいゴルフ場もあるからです。

通い慣れているゴルフ場では、ゴルフ場に合わせたドレスコードでクラブハウスへ入場していただければいいでしょう。

しかし初めて訪れるゴルフ場などでは、どこのゴルフ場のクラブハウスでも通用するようなドレスコードを守った服装を心がけておきましょう。

ジャケット+セミフォーマルなシューズでどのゴルフ場でも大丈夫

季節や場所を問わず、男性がゴルフ場のクラブハウスを訪れるとき、ジャケットとセミフォーマルなシューズであれば問題になることはありません。

どこのゴルフ場へ行っても通用するので、ぜひジャケットとロングパンツ(ジーンズやジャージ不可)、ちょっとフォーマルなシューズを用意しておきましょう。

 

とや

こんにちは、ライターのとやです。ゴルフに関するお役立ち情報やギア、コーデに至るまで幅広く発信していきます。初心者向けのことから、ちょっとコアな話まで、「読ん...

プロフィール

関連記事一覧