春ゴルフにはどんな服装がいいの?:メンズ編

ゴルフの服装

新年度も始まって、新しい出会いと別れがある春。そして同時に訪れるゴルフの本格シーズン。

新社会人となってゴルフライフをスタートさせる方も、冬が終わるのを今か今かと待ち構えているゴルファーも、ゴルフをするのに最も気持ちのいい季節が春です。

寒さに震えることなくゴルフもオシャレも楽しめる、春のメンズゴルファーはどんな服装がいいのでしょうか。ちょっと見てみましょう。

春ゴルフの服装:鉄板のポロ×ロングパンツ

ゴルフウェアの鉄板アイテム、ポロシャツ×ロングパンツ。メンズもレディースも関係なく「ゴルフと言えばこれ!」という服装です。

特にメンズの場合、レディースよりもウェアの種類が少ないのでこの服装をベースにして、色々な小物やインナーを追加している方も多いでしょう。

ワンパターンになりがちなので、パンツのカラーやポロのデザインを複数持って、カラーの組み合わせを楽しめるように用意しておきたいですね。

春ゴルフの服装:コンプレッションギアで日差しをカット

春、そしてメンズといえど侮れないのが日差し。真夏程の厳しい日差しが降り注ぐわけではありませんが、紫外線は常に降り注いでいるんです。

日差しを浴び続けると体力の消耗もなかなかのものですし、男性で日焼け止めを塗る習慣がある人も少ないのではないでしょうか。

日焼けをガードする意味でも、便利なのがコンプレッションギア。

春の日差しをカット、そして少し肌寒いときにも活躍してくれるので重宝しますよね。

中には体の動きをサポートしてくれるアイテムもあって、ぴったりフィットしている機能を持ちながらゴルフの動きも邪魔しません。

春ゴルフの服装:気持ちのいい季節にはハーフパンツ

風が気持ちいい季節には、ハーフパンツもメンズに大人気。理由はやっぱりハーフパンツだと涼しい、動きやすい、という機能的な部分が意見に挙げられています。

元々はロングソックスを履くのがマナーでしたが、今ではソックスはショートタイプでも問題のないところが増えてきています。

よりファッショナブルに、ハーフパンツをゴルフの服装として楽しむことができるようになっているんですね。

春ゴルフの服装:あれば安心 薄手の羽織りもの

スタート時の早朝や、ホールアウト直前の夕方。春はまだそういう時間帯は冷え込むケースもあります。

こうしたときには寒くなったらサッと羽織れる薄手の上着が大活躍します。

持ち運びもかさばらないので、着ていないときはキャディバッグに畳んでいれておけます。気温や天候に応じて着られる、またスイングにも影響が出ないので春のゴルフラウンドでは常に持ち歩いておきたい1枚です。

メンズの春ゴルフは急な冷え込み対策がマスト

暖かくなってきたらメンズのゴルフファッションの基本はポロ×ロングパンツでOKです。そしてアウターには冷え込みにすぐに対応できるような服装を考えておきましょう。

春ゴルフの服装は「寒くなったら着るだけ」という状況を作っておけば、ラウンドを快適に過ごすことができますよ。

とや

こんにちは、ライターのとやです。ゴルフに関するお役立ち情報やギア、コーデに至るまで幅広く発信していきます。初心者向けのことから、ちょっとコアな話まで、「読ん...

プロフィール

関連記事一覧