ゴルフ場のドレスコードをチェック!:ラウンド【女性編】

ゴルフ場のドレスコードをチェック!:ラウンド【女性編】
ゴルフの服装

ゴルフウェアと言えばとってもオシャレでかわいい、そんなイメージを持っているゴルフ女子は多いでしょう。

ゴルフ場のドレスコードの中ならば、存分にオシャレを楽しめてしまうのもゴルフの大きな魅力の1つです。

ゴルフ場のドレスコードの中で、おしゃれなゴルフウェアを目一杯楽しんでみましょう。

※クラブハウス来場時のドレスコードはこちら

ラウンド中のドレスコード:帽子

ックスロゴ コットン ローキャップ / ブラック × ゴルランブルー

【Gorurun】ボックスロゴ コットン ローキャップ / ブラック × ゴルランブルー

帽子についてドレスコードで帽子の着用を義務付けているゴルフ場があります。そのため帽子については着用するようにしましょう。

帽子を着用する意味は日差しをカット、そして打球事故でのダメージを少しでも軽減する、この2点の役割が期待されます。

帽子の形についてはキャップやサンバイザー、ハットなど、好きな帽子を選んでも構いません。帽子でもゴルフを楽しむファッションの1つとして、オシャレに楽しみたいですね。

ラウンド中のドレスコード:トップス

トップスについては襟付きのシャツが基本でポロシャツやシャツで大丈夫です。

▲ 【Gorurun】ハニカムメッシュ ドライ ロゴ レディースポロシャツ / ピンク

寒い季節にはその襟付きシャツの上にブルゾンやフリース、セーターなどを着てプレーします。

さらに真冬のゴルフではネックウォーマーなどを着用して防寒対策をしますので襟は外から見えなくなります。それでも襟付きのシャツがドレスコードとして規定されている以上、襟付きのシャツ着用というドレスコードは守らなければなりません。

また春や秋の季節だと、シャツの下にインナーを着ることもあるでしょう。こうしたインナーを禁止しているゴルフ場もありますので、初めて訪れるゴルフ場の場合は注意が必要です。

襟付きシャツの着用はもちろんですが、シャツの着方にも1つだけ注意点があります。なんとなく裾を出したくなる気持ちも分かりますが、裾出しはドレスコード違反。ついついやってしまわないよう注意しましょうね。

※ 参考記事:ゴルフウェアは襟付きが原則!ハイネックやタートルネックは大丈夫!?

ラウンド中のドレスコード:ボトムス

ロングパンツ

ロングパンツはジーンズやジャージ、作業用パンツでなければOK。男性でも女性でも使いやすいボトムスになります。

ハーフパンツ/ショートパンツ

ゴルフ女子の間で根強い人気を誇るハーフパンツやショートパンツ。

出典:[ジャックバニー] [レディース] ショートパンツ リバティー柄 ツイルショートパンツ (Liberty Fabrics)

タイツを合わせたり、膝上のハイソックスを合わせたりファッションの幅が広がるのも理由の1つです。

もちろんハーフパンツやショートパンツでもドレスコードは大丈夫なので、オシャレにハーフパンツやショートパンツを楽しんじゃいましょう。

 

ゴルフウェアとして販売されていればドレスコード違反にはならない?

ゴルフウェアとして販売されているものについては、大きくドレスコードを逸脱したアイテムはないはずです。

ただ過去に物議を醸した襟無しのゴルフウェアもありましたので、奇抜なウェアについては避けたほうが無難になります。

メーカーが販売していても、それぞれのゴルフ場で「OK」が出るかどうかはまた別の話だからです。

ゴルフ場って自然がいっぱいで、澄み渡る空、遠くまで広がる芝。SNSの投稿にうってつけですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

山内鈴蘭 suzuran yamauchi(@xxsuzuranxx)がシェアした投稿

ゴルフウェアはたくさん種類があって、かわいいアイテムもたくさんあります。ドレスコードの範囲で、思いっきりおしゃれを楽しんでみましょう。

※こちらの記事も参考に!:ゴルフ場でやってはいけないマナー違反:服装編

とや

こんにちは、ライターのとやです。ゴルフに関するお役立ち情報やギア、コーデに至るまで幅広く発信していきます。初心者向けのことから、ちょっとコアな話まで、「読ん...

プロフィール

関連記事一覧