ゴルフ場のドレスコードをチェック!:ラウンド【男性編】

ゴルフ場のドレスコードをチェック!:ラウンド【男性編】
ゴルフの服装

ゴルフは他のスポーツのように「ユニフォーム」がありません。そのためある程度ゴルフウェアは自由に選べます。

ただしドレスコードと言って、ゴルフ場の規則に従った服装をする必要があるのです。ラウンド中はどのようなドレスコードがあるのか見ていきましょう。

※ 参考記事:ゴルフ場のドレスコードをチェック!:クラブハウス【男性編】

ラウンド中のドレスコード:帽子

【Gorurun】 帽子をチェック!!

厳密にゴルフ規則で明文化されているわけではありませんが、ゴルフ場のドレスコードで帽子を着用すること、とされている場所があります。そのため帽子は着用しましょう。

形についてはキャップやサンバイザー、ハット、冬にはニット帽など好きな帽子を選んでも大丈夫です。

プロゴルファーの中には、トレードマークとしてテンガロンハットを着用しているゴルファーもいますので、好きな形状の帽子をチョイスしても差し支えありません。

ラウンド中のドレスコード:トップス

Gorurun ハニカムメッシュ ドライ ロゴ メンズポロシャツ / ネイビー

【Gorurun】ハニカムメッシュ ドライ ロゴ メンズポロシャツ / ネイビー

ゴルフラウンド中のトップスは、襟付きシャツが基本となります。そのため夏季はポロシャツやシャツ。冬季は襟付きシャツの上にアウターを着ることが求められます。

また肌寒い季節になるとポロシャツなどの下に、インナーを着用する機会もあると思います。

ほとんどのゴルフ場ではドレスコード上の問題はありません。しかし一部の名門コースではこれを禁止しているところもありますので注意するようにしましょう。

ゴルフ場によって見解が違う部分でもありますので、初めてのコースでは確認が必要です。

そしてもう1つ、シャツは裾を出して着てはいけません。だらしなくシャツの裾を出してプレーするのはドレスコード違反です。

※ 参考記事:ゴルフウェアは襟付きが原則!ハイネックやタートルネックは大丈夫!?

ラウンド中のドレスコード:ボトムス

ロングパンツ

ロングパンツはジーンズやジャージ、作業パンツなどでなければ大丈夫です。一番オーソドックスなアイテムで、男性ゴルファーの着用率が高いのがこちらのロングパンツです。

出典:amazon.co.jp

 

ハーフパンツ

出典:Amazon.co.jp

夏のゴルフに人気なのがハーフパンツです。

こちらもジーンズやジャージでなければドレスコード上の問題はありません。

しかしハーフパンツの場合、ゴルフ場によってはハイソックスの着用がドレスコードとされているケースもあります。

ゴルフウェアとして販売されているものは基本的には大丈夫

男性の場合は襟付きのトップスとボトムスという組み合わせが基本。そのためラウンドのゴルフウェアについて、ドレスコードで悩むケースはほとんどないと言ってもいいでしょう。

アイテムでは差が付けにくいため、カラーやシルエットで周りと差を付けちゃいましょう。

※ こちらの記事も参考にどうぞ! ゴルフ場でやってはいけないマナー違反:服装編

とや

こんにちは、ライターのとやです。ゴルフに関するお役立ち情報やギア、コーデに至るまで幅広く発信していきます。初心者向けのことから、ちょっとコアな話まで、「読ん...

プロフィール

関連記事一覧