ゴルフでおすすめ!花粉症対策のグッズ紹介!

はじめてのゴルフ知識

ゴルフ 花粉症 対策 サングラス マスク ゴーグル 薬 点鼻薬 点眼薬(目薬)内服

暖かくなるにつれてゴルフのプレーやしやすくなっているんですが、それと同時に花粉が舞い始める季節になってきました。

寒くないのはゴルファーにとって嬉しいはずなんですが、今度は花粉という違った悩みに頭を悩ませているゴルファーもいるのではないでしょうか。

花粉症対策には花粉をブロックする&アレルギー反応を抑える

花粉症対策のためには

  • 花粉をブロックする
  • 花粉が入ってもアレルギー反応を抑える

という2つの対策が必要になります。少しでも花粉症の症状を抑えて快適な春のゴルフを楽しんでいきましょう。

花粉のアレルギー症状は内服薬や点鼻薬などの薬が必要になってきますので、ここでは花粉をブロックするアイテムや花粉を引き寄せないための服装を紹介したいと思います。

花粉症対策にはマスクが有効!

花粉症対策にはマスクがものすごく有効です。

新型コロナウイルスで街中でもマスク着用がすっかりおなじみとなっていますが、花粉症ならばさらに大きな効果が期待できます。それはウイルスなどの大きさに比べて花粉の粒子はもっと大きいからですね。

マスクの繊維が花粉をしっかりとブロックしてくれますので、体の中に入り込む花粉の量を大きく減らしてくれます。


Gorurunでマスクをチェック!

 

目から入る花粉はサングラスでカット

ゴルフでは着用している人も多いサングラス。

花粉を吸いこまなくても目に入るだけで、目がかゆくなったり充血してしまうようなケースもありますよね。サングラスを着用するだけで実は目から入る花粉を大幅にカットしてくれる効果があります。

顔とレンズの隙間が少なければ少ないほど効果は高いとされているため、スポーツ用の顔のカーブに合わせて作られているサングラスは花粉症にも効果が高いと言えそうですね。

もちろんこれはサングラスに限らず、普通のメガネでも花粉をカットする効果がありますよ。

花粉症が付着しにくい素材のアウターを着用

外でゴルフをプレーしているとどうしても飛んできた花粉が服にくっついてしまいます。花粉がくっつく理由はゴルフウェアが発する静電気です。

静電気が起こりにくい素材のウェアを選ぶようにすると、それだけで花粉が体に入り込むのを防げるようになります。

静電気を起こさない帯電防止スプレー

静電気を起こしにくいゴルフウェアを着ているとはいえ、静電気を完全にシャットアウトすることはできません。

帽子や髪、パンツ、ニット、フリースなどゴルフをしていると色々なものに静電気が発生してしまいます。そこで静電気を起こさないために帯電防止スプレーというグッズがありますのでぜひ活用してみましょう。

使い方はシュッとスプレーするだけと非常に簡単なので、カートバッグに入れて持ち歩くのをおすすめします。

花粉症シーズンでも気にせずゴルフを楽しもう!

ツラい花粉症があるとゴルフへ出かけるのもおっくうになってしまいがち。花粉症対策を万全にして、ゴルフの本格シーズンを迎えるようにしてみてください。

もちろんこうした対策だけでなく、内服薬や点鼻薬、目薬などのアレルギーを抑える対策も合わせて行って快適な春のゴルフを楽しみましょう。

とや

こんにちは、ライターのとやです。ゴルフに関するお役立ち情報やギア、コーデに至るまで幅広く発信していきます。初心者向けのことから、ちょっとコアな話まで、「読ん...

プロフィール

関連記事一覧