上手くなるには練習場で曲げて打て!?

ゴルフスイングの基本と練習法

ゴルフへ行かない休日や会社帰りなど、ゴルファーならばぜひ練習に充てたい時間です。

となるとやはり打ちっぱなし練習場へ足を運ぶゴルファーも多いんじゃないでしょうか。しかしこの練習場での様子を見てみると、遠くに飛ばそうとしている方が非常に多いように感じられます。

ゴルフが本当に上手になりたいなら、練習場では曲げて打ってみましょう。

目標を決めてドローやフェードを打ってみる

まず練習場で打席に立ったら、目標を定めてみましょう。ポールでもいいでしょうし、ヤード表示があればそのヤード表示でも構いません。とにかく目標となるものを見つけてください。

そして目標が見つかったら、その目標をまたぐようにボールを曲げて打ってみましょう。ドローなら右に打ち出して左に戻すように、フェードなら左に打ち出して右に戻すように狙っていくんです。

>> ドローボールの打ち方を見てみよう <<

>> フェードボールの打ち方を見てみよう <<

曲げる方法が身につけば本番で曲がり始めても対処できる

練習場ではまっすぐ打ちたい気持ちも分かりますが、なかなかストレートボールを狙って打つのは難しいものです。

そのためストレートボールばかり練習していて、いざ本番でボールが曲がり始めるとどうにも対処ができなくなってしまうんです。そんなときボールを曲げる方法を知っていて、曲げるボールを打つ練習をしていれば、ボールが曲がり始めたらどういうメカニズムでボールが曲がっているのかをある程度理解できるようになります。

本番中に修正する力も身についてくるんです。

曲げる方法を知っていれば、色々な状況で使える

またショットが曲がり始めたときだけでなく、木が邪魔していたり、池があって真っ直ぐ狙いたくなかったりする場面にも遭遇します。そんなとき「右に打ち出して、ドローで戻してこよう」などの戦略が立てられるんですね。

真っ直ぐ打つだけでは、このような戦略は立てられません。練習場では狙って曲げられるようになるのが上達の近道です。

ボールをコントロールしてみよう

ボールが曲がるメカニズムさえ理解できていれば、意外とボールを曲げるショットそのものは難しくありません。練習場でボールを曲げる練習を繰り返していると、ボールが曲がる幅も多少なりともコントロールができるようになってきます。

思いっきりボールを打って、飛距離をたくさん飛ばすのもゴルフの醍醐味ですが、右に左にボールを回しながら自在にコントロールするにもまたゴルフの楽しみの1つです。明日からの練習は、ぜひボールを右に左に操ってショット練習をしてみましょう。新しい何かが発見できるかもしれませんよ。

とや

こんにちは、ライターのとやです。ゴルフに関するお役立ち情報やギア、コーデに至るまで幅広く発信していきます。初心者向けのことから、ちょっとコアな話まで、「読ん...

プロフィール

関連記事一覧